合格率を比べてみてください

2019年10月3日

アウトプットすることで知識が定着

Author: kilauiikuseisakuglo.net

こちらの会社は、東京で私立医学部予備校を運営しています

私立の医学部に合格することに特化した予備校で、毎年多くの合格者を輩出して高い評価を得ています。

この予備校では様々な独自の学習方法を取り入れていますが、特に効果をあげているとされるのがインプット・アウトプット方式といわれる学習方法でしょう。

この学習法は、生徒が学習した内容を他人に教えるというユニークなものです。

人間は単に講義を聴いているだけでは、なかなか知識が自分のものになりません。

しかし、他人に教えるというプロセスを経ることで、知識が深化し、さらに定着していくという効果が得られます。

さらに人前で教えるという行為をすることで、コミュニケーション能力が磨かれるというメリットもあります。

私立医学部予備校でコミュニケーション能力なんて鍛えてもしょうがないのではないかと思う人もいるかもしれませんが、けしてそんなことはありません。

コミュニケーション能力は、将来医師として活動していくうえで必要不可欠の能力とされています。

どんなに医療知識があって腕のいい医者だったとしても、コミュニケーション能力がお粗末では、患者さんを満足させることはできないでしょう。

また、医学部入試においても面接試験でコミュニケーション能力は試されますから、この能力を高めておいて損はありません。

さらに同校では、新聞の転記を毎日させるように指導しています。

これは試験の小論文・面接対策のためでもありますが、その記事について他人と議論をして会話能力を高め、多元的な物の見方を習得させる狙いもあります。

Comments are closed.